2016年に入って人気なクレジットカード

2016年に突入して、多くの人から支持を受けている楽天カードは会費が無料で、ポイントなどの還元率が様々なクレジットカードと比較して高い事が特徴です。私は最近は楽天カードでガソリンスタンドなどの商業施設で決済をします。振込用紙で支払う場合でも手数料を最小限に抑えられて、ポイントが溜まる事で使いやすいと感じました。最近は楽天カードに関しては様々な商業施設を利用した時にポイントを上げていますので、節約の対策をする人にとってはお勧めのクレジットカードです。他人が勝手に利用する場合などのセキュリティの機能を付け足したり、海外に出かけた時の保険などが完備している事で、利用した時に厚生の面がしっかり整っている事を感じました。

クレジットカードを使ってみた感想

大学を卒業してすぐにクレジットカードを使うようになりました。それは学生のころに友人が使っていて、たまったポイントで買い物をしていることを知っていたので、いつかは僕も使ってみたいなというあこがれがあったからです。でもクレジットカードを何度か使っていくうちに、利息がとても高いことが気になるようになりました。前々からクレジットカードは利息が高いのは知っていましたが、あまり使わない僕にとってはポイントがそれほどたまらないので、メリットはそれほどなかったんです。クレジットカードは金持ちの持ち物なんだなと実感しました。友達は別に金持ちではなかったんですけど、もしかしたら、彼は苦労してたのかもしれませんね。

クレジットカードがないとほしいものが買えない事が世の中にはあります。

昔の私は現金至上主義者でした。クレジットカードはお金がなくても物が買える危ないカードだから生涯持たないでおこう、そう思っていました。しかしある時それを覆す出来事が起こったのです。それは某ゲーム機の限定版が発売されたときのことです。その限定版ゲーム機は非常に人気があり、争奪戦状態になっていました。普通の限定版ゲーム機なら予約すれば簡単に手に入るのですが、その時は予約情報がネットで出回ると数分もたたずに完売、大勢の人がそのゲーム機を手に入れられず予約難民と化していました。その時某家電量販店で予約が始まり、この時私は予約にありつきました。正確に言えばありつけるはずでした。予約商品をショッピングカートに入れてあとは予約するだけ、そう思って支払い方法のところをよく見るとクレジットカード以外の欄がありません。そこで商品情報をよく見ると無情にも「この商品はクレジットカードのみ支払いを受け付けています」の文字、この時、私はクレジットカードを持っていないことを強く後悔しました。そして私は現金至上主義を捨ててクレジットカードを持つようになったのです。

スマートフォンの支払いにも便利なクレジットカード

クレジットカードの最もメジャーな利用方法といえば買い物での利用だと思います。実際の店舗では手元にお金がなくても買い物ができますし、ネットショッピングでは支払いが簡単になるなど、非常に便利なものです。特にネットショップでは手数料がかからなかったりするのでよく利用させてもらっているものです。個人的には最近スマートフォンの料金支払いでも利用しはじめたのですが、それが存外便利だったので重宝しています。支払いが楽というのもありますが、少量でもポイントが溜まるのがまた嬉しいですね。格安SIMの中には支払い方法がクレジットカードのみの場合もありますので、利用したいと考えるならばクレジットカードの存在は必須といえるでしょう。

減らそうと思っても増えてしまうクレジットカード

何枚もクレジットカードがあると、管理するのも大変なので、去年の春、使っていないクレジットカードを3枚処分して、買い物用とガソリン用の2枚だけにしたのですが、その後、気がつくと、また何枚も増えていました。買い物で重い荷物やかさばる荷物を持って帰るのがイヤで、ネットショッピングを始めると、そこそこで、カードを作れば3%引きとか、ポイントがたまるとか、魅力的なことがあって、あちこちのサイトで、ついつい3枚、クレジットカードを作りました。DVDを借りる会員券も、クレジットカードにすれば、更新料がかからないので、また1枚。海外旅行の保険がついてくるクレジットカードを作って、また1枚。前よりも多い7枚になっていました。それぞれ使う場面が違うので、まあいいかと思い、便利なクレジットカード生活を楽しんでいます。

便利そうで危険なリボ専用化

買い物などで利用しているクレジットカード。クレジットカード会社から、手持ちのカードをリボ払い専用にするお誘いが来ていませんか。「リボ宣言」などと呼んでいるクレジット会社もあります。街での買い物時に、リボ払いを指定せず「1回払い」としても、カード会社決済時にはリボ払いとなっているものです。少額の買い物を、態々リボ払いに指定する煩わしさがないので便利そうですが、これがなかなか危険度が高いのです。リボ払いは、毎月の支払いが定額で、支払額も当初数千円に設定されていますので、1回払いで十分買える物もリボ払いになってしまうので、利用残高が積み上がり易いのです。リボ払いは、利息と同じ手数料も高く、年15%にもなるので、クレジット会社からすると、利益率が高い商品なのです。計画的な買い物も、難しくなります。クレジット会社から、リボ払い専用にすることで「ポイントプレゼント」などのお誘いがあると思いますが、買い物の都度、回数払いやボーナス払い、またはリボ払いを選択出来る、通常のクレジットカードの利用のままにしておいた方が、賢明であると思います。

クレジットカードのお得な利用

クレジットカードはできるだけ1枚にしぼり、お得なポイントを貯めて利用したいと思っています。主にポイント還元率が良く、利用するとメールでお知らせ機能がある楽天カードを利用しています。振込金額をメールで何度もお知らせが来るので振り込み金額を入金しなくてはと忘れる恐れがないので安心して利用できる点がすごくいいです。最近は、ほかのクレジットカードを作って持つのも良いと思います。期間限定で発行するとポイントや現金がもらえるのでそういうキャンペーンを大いに活用してお得に利用したいと思います。Amazon、ヤフー、リクルートなどのショッピングサイトのカードはお得な感じです。ドラッグストアのクレジットカードも利用するとポイントがいつでも倍もらえるのでやはりクレジットカードを発行すべきだと思います。

主婦のクレジットカード審査

中1から小1まで3人の子供がいる43歳の主婦です。私は子供が生まれる前から仕事をしていて、子供が生まれてからも仕事を続けていますが、主婦のクレジットカード新規作成審査について、必ず夫の承認がいることに対して引け目を感じております。年収自体は夫の収入と同等ほどの金額がありながらも職業:主婦、と書くだけで私の信用情報は地に落ちます。審査は夫に紐づいた信用情報で通るので、カードは手に入るので実際に不自由はないのですが、自分が稼いでいるのに脇役的な審査になるのが残念でなりません。しかし、そういう状態があるからか、一度作ったクレジットカードは、次回自分ひとりで作ろうとした時に作れないのではないかという不安があり、必要のないものでも解約できないのが悩みです。

デパートや百貨店と提携しているクレジットカードを持とう

 もしも特定のひいきにしているデパートや百貨店などがあるならば、それらと提携しているクレジットカードを持っていると相当お得です。なぜなら、支払いをクレジットカードにするだけで少し割引になったりするからです。 その割引率はだいたい3%~5%くらいが一般的で、高い割引率とは決して言えません。しかし、安い買い物ならまだしも高い買い物をするときには割引きされるメリットがとても大きくなりますので、そのとき現金決済にするかクレジットカード決済にするかによって支払額に大きな差ができます。 デパートや百貨店などではだいたいがクレジットカードと提携していますので、それに自分が該当するならば持っていたほうが良いです。ですので、それは覚えておいて損はないです。 

最近、新たにクレジットカードを作りました。

今までもそうだったのですが、ネットショッピングは勿論、普段の買い物の時に高額な商品を購入する時ほどクレジットカードで決済していました。旅行などに行った際も現金は持っていても、ホテル代やまとめてお土産品を買った時などもクレジットカードで精算します。その方が、ポイントも貯まるのであえてそうしています。ただし私の場合は、基本1回払いですし利用限度額を一番最低の物にしています。そんなに頻繁に高額な買い物をする訳ではないのですが、使い過ぎないように考えています。インターネットのプロバイダーは、yahooを利用させて頂いているのですが、2ヶ月程前にyahooカードの案内が来て迷わず契約し、カードの発行手続きをしました。yahooオークションも利用させて頂いていますので、yahooカードを利用することでメリットも多く、何よりカードの利用額に応じたTポイントが貯まると言うのが、1番の魅力でした。携帯電話の使用料金や公共料金等もyahooカード決済に切り替えています。まだ反映されていませんが、毎月どれ位のポイントが貯まるのか楽しみです。