最近、新たにクレジットカードを作りました。

今までもそうだったのですが、ネットショッピングは勿論、普段の買い物の時に高額な商品を購入する時ほどクレジットカードで決済していました。旅行などに行った際も現金は持っていても、ホテル代やまとめてお土産品を買った時などもクレジットカードで精算します。その方が、ポイントも貯まるのであえてそうしています。ただし私の場合は、基本1回払いですし利用限度額を一番最低の物にしています。そんなに頻繁に高額な買い物をする訳ではないのですが、使い過ぎないように考えています。インターネットのプロバイダーは、yahooを利用させて頂いているのですが、2ヶ月程前にyahooカードの案内が来て迷わず契約し、カードの発行手続きをしました。yahooオークションも利用させて頂いていますので、yahooカードを利用することでメリットも多く、何よりカードの利用額に応じたTポイントが貯まると言うのが、1番の魅力でした。携帯電話の使用料金や公共料金等もyahooカード決済に切り替えています。まだ反映されていませんが、毎月どれ位のポイントが貯まるのか楽しみです。

日常の買い物にも便利なクレジットカード

自分はクレジットカードを日々の買い物で使用しています。今はほとんどのお店でクレジットカードが使えるので、ほとんど現金は持ち歩きません。食品なども、クレジットカードで購入します。小銭が財布にたまることもなく、快適です。さらにクレジットカード利用ごとにポイントがたまるので、お得です。特に、家計簿などをつけない自分にとっては、クレジットの利用明細書は重宝しています。自分が今月いくら使ったかをきちんとチェックできるからです。さらに、クレジットの支払はリボルビング方式にしているので、毎月一定額を自動的に口座から引き落とされるため、使い過ぎた後に、急に口座の残高が不足してしまうこともありません。おかげさまで、計画的に、生活費や交際費を管理することができています。

クレジットカードのセキュリティーコードを入力

 近頃、ネットでクレジットカードを利用するとセキュリティーコードの入力を求められることがあります。セキュリティーコードを入力することによりどんな効果があるのかというと、それは名前にもある通りセキュリティー向上の意味があります。 それを入力することで不正利用を防ぐことができますし、ただでさえネットのセキュリティーは脆弱化しているということを聞きますから、そうしてセキュリティーレベルを上げることはとても良い試みだと思います。セキュリティーコードを入力すれば絶対安心できると決まったわけではないのかもしれませんが、それによって安全な買い物ができればそれに越したことはありませんので、これからはどんどんそうしていって欲しいです。

ポイントに翻弄される

40代になるまでいつもニコニコ現金払いで暮らしてきました。最近、クレジットカードで買い物をするとポイントが貯まってお得だと周りから言われ、カード生活が始めました。ポイントを貯めたいがために、なんでもカードで買い物をします。たいして貯まるわけでもないんですが、必死になってしまい、ついつい使いすぎてしまうことも。請求がくるとこんなに使った?と毎月驚きます。自分で限度額を決めているつもりでも、ネットショッピングで歯止めが効きません。クレジットカードはどの店舗でも使えると思っていたら、スーパーによってはその店のクレジットカードしか使えないところもあるんですね。不便だわ。もっと上手にクレジットカードを活用できるといいんですけどね。

クレジットカード会社の調査の信用度

クレジットカード会社の調査で個人のクレジットカードの保有枚数が3枚以上という発表があったようですがそれがどうも信用できないというニュース記事が逆に出ていました。実際はもっと少ないということだそうですが、クレジットカード枚数を多めに発表することで、より多くの人にカード契約をしてもらおうとして意図してそのような情報を流したのではないかということだそうです。真相は分かりませんが、信用を第一にするクレジットカード会社がこのような曖昧でいい加減な情報を流すようでは逆に信用度を落としてクレジットカードから離れる人が増えるのではないかとニュース記事の内容でした。

クレジットカードは持っておいた方が・・・

私が最初にクレジットカードを作ったのは、就職したばかりの頃でした。会社の指定銀行、指定支店に口座を作るために銀行の人が会社に来てくれたのですが、そのときにクレジットカードも勧められ、作らなくても構わないのに「クレジットカードとか大人みたい」と思って作ってしまったのです。結果、リボルビング払いの買い物とキャッシングにはまってしまったのですが・・・。という話を先日夫に話したら、「だからクレジットカードなんて持つもんじゃないんだよ」と言われてしまいました。でも、やっぱり私はクレジットカードの一枚くらい、持っておいた方がいいと思うんです。たとえ使う機会はあまりなくても。

友人はいつもクレジットカードを使っています

ずっと不思議だったのです。友人と出かけると、いつも現金ではなくてクレジットカードを使っています。ドライブに行った時も、高速で使っていました。スーパーの買い物もそうです。そしてブランドバッグを買った時もクレジットカードで支払っていたのです。お金に余裕のある生活をしているように見えます。それなのに、どうしていつもクレジットカードを使っているのか不思議だったのです。それはポイントのためでした。使うたびにつくポイントを貯めるために、クレジットカードを使っていたのです。それを聞いてとても驚きました。なんと友人は貯めたポイント一年間分で、一万円分の商品と交換していたのです。

貸してほしいと言われました

付き合っている彼氏に、クレジットカードを貸してほしいと言われました。でもそんなことできません。クレジットカードの裏に名義が書いてあります。その本人しか使ってはいけないのです。だから彼氏でも、貸す事はできません。彼氏は無収入なので、クレジットカードを作れないのです。作りたくても作れないのです。支払い能力がないので、作る事なんてできません。だからもちろん、貸す事だってできないのです。私はいつも大事に財布にしまってあります。なるべく現金で払うようにしていますが、お金がなくて困った時にはクレジットカードを使っているのです。あくまでも緊急用なのです。

クレジットカードはコンビニやネットでの買い物ポイントも付いているものを選ぶ

世の中に出回っているクレジットカード無限と言って良いほどたくさんありますが、私が所有しているのは二枚、楽天カードでTカードです。この二枚をなぜ申し込んだのかと言うとコンビニやネットでの買い物をするとポイントが付くことです。楽天はEDYカードにしておりカードに現金をチャージすれば100円か200円分のポイントが加算されるサービスもあり、一番使い勝手の良いクレジットカードだと言えます。Tカードは提携しているファミリーマートやドラッグストアでの買い物とネットのアンケートでポイントが溜まりやすいです。自分が生活している中で利用頻度の高い媒体を選ぶことでちょこちょこでも良いので現金よりもクレジット払いにする方が絶対にお得ですよ。

ゴールドカードのステータスとおすすめ

 どのクレジットカード会社でも一般のカードとは別にゴールドカードを用意しています。ゴールドカードというのは一言で説明するなら年会費がかかり、とにかく審査が厳しいカードということが出来ます。申し込みをしてもカード会社が定める一定基準をクリアしないとカードは発行されません。ですがその分特典が多く、ポイントの還元率も非常に高いのでクレジットカードをよく利用する人には使い勝手のいいカードだということが出来ます。

 カード会社によって特典は異なりますが、共通して言えるのは国内外の旅行に対して通常よりランクが高い損害保険がついています。あと空港のラウンジサービスも定番中の定番で全国の主要な空港のラウンジを無料で利用することが出来ます。

 他にも選任の担当がつくといった風に一般クラスのクレジットカードとは明らかに違う対応をしているので、ゴールドカードを所有しているというのはそれだけ高い収入を得ている証でもあり、一種のスティタスであるということが出来ます。また社会的信用も高いということが出来てカードの限度額も非常に高い設定になっています。勿論限度額もクレジット会社や個人により異なりますが、通常のカードでは50万円といった所ですが、ゴールドカードは200万から300万円というのが多いみたいです。ゴールドカードのおすすめというと、真っ先に挙げられるのは、三井住友VISAゴールドカードではないでしょうか。
限度額もそこそこ付きますし、クレジットカードの券面にステータス感を感じることができます。